キャラメルパンプキンチーズケーキ

おかし作り

ハロウィンに向けて、新しいレシピを考えました🍀

キャラメルパンプキンチーズケーキ

『キャラメルパンプキンチーズケーキ』

ハロウィンにもぴったりなベイクドチーズケーキです🎃
なめらかチーズ生地とボトムのかぼちゃクッキーが相性抜群のおかし😊
ハロウィンっぽく、くものす模様にしてみました🕸

レシピはCottaさんに掲載中です‼︎

*キャラメルパンプキンチーズケーキの作り方*

今日はこの『キャラメルパンプキンチーズケーキ』をより成功に導くコツをお話ししようと思います😊
それぞれのパーツごとにお話ししていきますね‼︎

ボトムを作る時のポイント

ベイクドチーズケーキの底生地のことを『ボトム』と言います。
レシピサイトでよく見かけるのは、市販のビスケットを砕いて、溶かしバターを加える。
というものが多いような気がします。
確かに簡単でおいしいボトムが作れるのですが、今回はちょっと手間をかけて、おいしいかぼちゃ味のボトムを作っていきましょう🎃

かぼちゃ味の生地を作るのに役立つのがこのパンプキンパウダー‼︎

*cotta かぼちゃパウダー 30g*

混ぜるだけでしっかりかぼちゃの味がつきます😊
パウダーなので生地にも馴染みやすく、扱いやすいです。
今回のボトムにもわずか5g入れるだけで、しっかりかぼちゃ味のボトムができますよ🎃

ボトムを綺麗に作る時のポイントはここ‼︎

ボトム

ボトムレシピの⑥番です‼︎
この「プリンカップの様な平なもので表面を整える」という作業がとっても大事なんです!
これをするのとしないとでは、焼き上がった時にカットした断面に大きく差が出ます。
また、生地の分厚さが均等でないと、火の入り具合がバラバラになってしまい、味に差が出てしまいます。
この「平に整える」という作業を丁寧に行ってください。
きっと綺麗なボトムが焼き上がります😊

キャラメルソースを作る時のポイント

キャラメルソースで悩むのは、どこまでお砂糖焦がしたらいいの?
というところでしょうか。

ズバリ、今回の私のレシピですが、ここに決まりはありません。
もちろん、色が濃くなるほど苦いキャラメルソースが出来上がります。

例えば、小さなお子さんが食べるなら少し色がついたところで止めて、苦くなりすぎないようにしたり、甘いのが得意ではないな・・・という方に食べてもらおうと思ったら、しっかり色をつけてほろ苦にしたり・・・。自由に味を変えることができます😊

キャラメルソースを成功させるコツ・・・と言いますか、
キャラメルソースを作るときに絶対にしてはいけないことがあります。
それはお砂糖と水を加熱しているときに、ゴムベラなどで触ってしまうということです。
お砂糖には「再結晶化」という特徴があり、加熱しているときに触ってしまうと固まりができてしまいます。この再結晶化を起こさないために、ゴムベラなどでは混ぜず、色を均一にしたいな!と思うときは、お鍋を揺らしながら作りましょう。これは必ず守ってください‼︎

そしてお砂糖は色がつき始めたなぁと思ってから濃くなるスピードがすごく早いです!
いい色!と思って火を止めても、予熱でどんどん火が入っていきます。
ですので、ここだ!と思ったら火を止め、すばやく生クリームを加えて、別の容器に移しましょう。
そうすることで自分好みのキャラメルソースができるはずです🍀

チーズケーキを作る時のポイント

今回は本物のかぼちゃを使ってペーストを作ります🎃
おかしで野菜が取れるのは嬉しいですよね😊🍀
レンジで火を通してこすだけなので、簡単にできちゃいます‼︎

チーズケーキをおいしく作るポイントはここ‼︎

チーズケーキ

チーズケーキレシピの④番がとっても大事なんです‼︎
クリームチーズを柔らかくするかどうかで、生地の滑らかさが変わってきます!
ここをまぁいっか!っと先に進んでしまうと、卵を加えたときにダマができやすくなり、生地が滑らかにならず、舌触りの悪いチーズケーキが焼き上がってしまいます😢
ここを丁寧にすることこそ、おいしいチーズケーキを作るポイントなんです😊

ハロウィンっぽく、くものす柄を描いて焼いていきましょう🕸
焼き上がったらしっかり冷やしてから型から外してくださいね🍀

いかがだったでしょうか?
今日ご紹介したポイントを意識しながら作ると、きっとおいしいキャラメルパンプキンチーズケーキが焼けるはずです😊
ハロウィンまであと1ヶ月半!ぜひ挑戦してみてくださいね🎃

コメント

タイトルとURLをコピーしました